お問い合わせTEL:075-441-4303

【月~土 午前】9:00~12:00 【月・金 午後】17:00~18:00
【休診日】 日曜日・祝祭日

2017年 January

  • TOP
  • 2017年 January
久しぶりに、内痔核の治療方法について紹介したいと思います。今回は、パオスクレーという痔核硬化剤による痔核硬化療法を紹介します。以前、渡邉医院のFacebookページで、「ジオン」による四段階注射法での痔核硬化療法(ALTA療法)を紹介しました。ALTA療法は、排便時に脱出てくる(出てくる)内痔核が適応です。パオスクレーによる痔核硬化療法は第1度、第2度までの内痔核が適応です。特に出血している内痔核には有効で、出血はおさまります。麻酔なしで、痛みなく行うことができ、外来通院での治療になります。パオスクレーは、アーモンドのオイルの中に5%の割合でフェノールが入っている痔核硬化剤です。パオスクレーを内痔核に注射すると、アーモンドのオイルが直接内痔核をつくっている血管を圧迫し、フェノールが軽く炎症を起こして硬化させ、治していく治療法です。ただ、十分な量を注射する必要があるため、2回に分けて注射しています。パオスクレーによる痔核硬化療法後は、普段通りの生活でかまいません。入浴も可能です。渡邉医院のfacebookページに詳しく載っています。ご覧ください。

MORE

今日は、「厚揚げのきのこあんかけ~柚子胡椒風味~」を紹介します。 柚子胡椒はいろんな料理に合いますね。焼き鳥にもあったり、先日は豚カツの辛子の代わりに柚子胡椒を使ってみました。美味しかったです。 材料(4人分) 厚揚げ      2枚 しめじ・えのき  各1袋 にんじん     1/2本 ねぎ       適宜 だし汁    2カップ 塩      小さじ1/4 みりん    大さじ2 薄口醤油   大さじ2 柚子胡椒   少々 1人分:166kcal 食物繊維 3.0g 作り方 ①きのこ類は石づきを取り、食べやすい大きさにほぐしておく。にんじんは千切り、ねぎは小口切りにする。 ②厚揚げはキッチンペーパーで包み、電子レンジ600Wで1~2分加熱する。4等分に切り分け、器に盛る。 ③鍋に★を煮立て、にんじん、きのこを煮る。具材に火が通ったら、水溶き片栗粉(片栗粉・水 各大さじ1.5)を加え、とろみをつける。 ④②に③のあんをかけ、ねぎを散らしたら出来上がり☆ ●○栄養メモ「大豆の力」○● 厚揚げや豆腐、納豆などの大豆製品は、骨粗しょう症や生理痛、更年期障害の改善、アンチエイジング(老化防止)に効果があり、女性は特に積極的に摂りたい食材です。たっぷりのきのこは食物繊維を補い、便秘予防、美肌作りをサポートします。毎日の食事からキレイと健康を手に入れましょう☆★ 

MORE

渡邉医院のfacebookページで「山芋グラタン」のレシピを紹介しています。 山芋は、そのまま焼いてお塩で食べたり、柚子胡椒をつけて食べてもおいしいですね。 レシピを紹介します。渡邉医院のfacebookページには写真ものせてあります。 「山芋グラタン」 材料(4人分) 山芋      200g コンソメ    1個(4g) 牛乳      150㏄ 塩コショウ   少々 むきえび    300g  ブロッコリー  1/2個 玉ねぎ     小2個  バター     20g  ピザ用チーズ  40g 1人分:241kcal  食物繊維2.8g 作り方 ①ブロッコリーは小房に分けて電子レンジ(600W)で1分加熱、玉ねぎはスライスする。 ②フライパンにバターを溶かし、①とむきえびを炒めて塩コショウする。 ③鍋に牛乳、コンソメ、すりおろした山芋を入れてひと煮たちさせ、塩コショウで味を調える。 ④耐熱皿に②と③を入れ、チーズを散らす。220℃に予熱したオーブンで15分焼いたら出来上がり! 「管理栄養士さんから一言」 ●○栄養メモ○● 山芋は消化がよく、胃腸にやさしい食品です。エネルギーもホワイトソースグラタンの約2/3と低いので、食べ過ぎなどで胃腸が疲れた時にぜひお試しください。

MORE

渡邉医院のfacebookページで、「きのこの豆乳ポタージュ」と「あったか粕汁」を紹介しています。寒さが厳しくなってきました。温かいスープや粕汁であったまってください。 酒粕の思い出は、小さい頃に、酒粕を焼いて、それにお砂糖をのせて食べた記憶があります。温かい粕汁をおかずにご飯。いけると思います。

MORE

「おせちが飽きたら、カレーだね。」というCMが昔ありました。そこで今回は、「根菜ごろごろカレー」のレシピを紹介します。渡邉医院facebookページには写真も紹介しています。ご覧ください。 材料(4~5人分) 鶏もも肉    1枚(250g) れんこん    200g 大根      200g にんじん    1本  しめじ     1パック サラダ油    大さじ1 だしの素   小さじ1 醤油・みりん 各 大さじ1 カレールー   4皿分 1人分:597kcal 食物繊維 2.6g 作り方 ① 鶏肉、野菜は大きめの一口大に切る。しめじはほぐしておく。 ② 厚手の鍋にサラダ油を熱し、鶏肉、野菜の順に炒める。 ③ 水800㎖と★を加え、アクを取りながら弱火で煮込む。 ④ 野菜が柔らかくなったら、しめじとカレールーを加え、さらに10分程煮込んだら出来上がり! ●○栄養メモ「腸に刺激を」○● 私たちの腸は、食事や運動の刺激によって動きが活発になり、便をすっきりと出せるようになります。食事の量が少なかったり、運動不足の方は、腸の動きが鈍くなっているかもしれません。 食事では、野菜やきのこなど、食物繊維の多い食品を摂りましょう。また、コショウやカレー粉などのスパイス類、炭酸飲料、冷たい飲み物も腸に刺激を与え、スムーズな排便を助けます。ぜひお試しください☆

MORE

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 元旦に、北野天満宮に初詣に行ってきました。おみくじをひいたのですが、そのおみくじに書いてあったことを紹介します。 「屈曲して初めて用を知る」 折曲がることにより初めて屏風は立って役にたつもので、この世の中も多くの人々の協力を得て初めて成功すると教えられているのです。人と親しみ万事に調和して、信心専一にすれば大幸運を授かります。 この言葉を心して、今年1年過ごしていきたいと思います。  渡邉賢治

MORE